中川貴文web美術館GON

中川貴文の作品紹介や展覧会のお知らせをします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

清宮質文さんの版画にであって  その2

清宮質文。

1917-1991

あ。。。もうこの世にいない方なんだ。。。



今、情報が氾濫している時代に
本にしろ、映画にしろ、絵画にしろ
なんの予備知識もなしに
作品に出会うことがむずかしくなっていると思います。

本なら、「本屋大賞」とか、
その書店イチオシとかのポップがにぎやかに立ち並び
映画もさんざん予告篇が流れたり、話題作りが満載です。
絵画も、有名な作品が海外からやってきたりすると
関連した番組がアレコレ解説。それも必要以上に目新しく。

なにも知らずに、白紙のままで作品にであいたいと思っても
不可能なことのほうが多いです。
それは、ほんとに純粋に作品と出会っているのだろうか
ときどきそんなことを考えたりします。

そんなとき、この清宮質文さんの版画作品とのであいは
ほんとうに純粋でした。

名前も知らない。
作者がこの世にいるかどうかも知らない。
どこのどんな人かまったく知らない。

けれど、作品が存在してる。
そして、その作品が、ただ作品だけの姿で語りかけてくる。
そのことが、とてもたいせつに感じられました。

作品の存在って、すごいことなんだ。
だって、こうして今生きている生身の人間と
であえるのだもの。
そして、それは見えないものどうしのであい。

わたしはここにいるし
作品はそこにある。

でも、ほんとうにであっているのは
見えないものどうしではないでしょうか。

GON企画は、なにかひとつたしかなことを
教えられた気がしました。



。。。。。。


それから、半年以上過ぎたある日。

東京へでかけたときに、丸の内の丸善に寄りました。
美術書のコーナーへ行ってみると
清宮質文さんの画集がありました。


006_230.jpg


中身が見えない包装になっていて
ちょっと高価だったのですが
どうしてもほしくなり
出版社の方に電話をして、内容をお聞きしました。

う~ん。。。家に帰ってから、もすこし考えて
注文して送ってもらってもいいし。。。
と思いながらも、手はもうその本をレジに運んでいました。

それが、今度、中川貴文の作品集《Dear World》でお世話になった
玲風書房さんとのであいなのです。





  1. 2014/04/01(火) 17:56:03|
  2. 美術館だより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中川貴文『Dear World』出版記念展のご案内! | ホーム | 清宮質文さんの版画にであって  その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://deargon.blog.fc2.com/tb.php/211-7fbcb4a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GON企画

Author:GON企画
中川貴文の作品とみなさまとの出会いを楽しみにしています!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめてご入館される方へ (1)
2014 展覧会  豊橋 (3)
2013 展示 (3)
2011  展覧会 武生 (9)
2011  展覧会 大阪 (8)
2011 展覧会 東京 (5)
2010 展覧会 京都 (6)
2008 展覧会 敦賀 (1)
中川貴文プロフィール (1)
中川貴文プロフィール 2 (4)
田島征彦さんとの出会い (3)
日本画・その他の作品展示室 (4)
日本画・その他の作品展示室 (4)
青春18景展示室 (8)
Dear World展示室 (11)
漫画作品展示室 (1)
中川貴文 カレンダー (12)
cafe ゴンのへや (2)
新聞記事 (3)
天音堂さんとの出会い (3)
美術館だより (70)
Mail (1)
GON企画のメモ帳 (21)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。