中川貴文web美術館GON

中川貴文の作品紹介や展覧会のお知らせをします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

清宮質文さんの版画にであって  その1

それは、少し前の 「青森の旅 その1」→ こちら  
につづくおはなし。
「青森の旅 その2」です。


2009年の春まだ浅い頃
青森の三内丸山遺跡を訪れたGON企画は
遺跡を見終わって周辺をぶらぶら歩いていると
雪ののこる寒そうな景色のなかに
さらに寒そうなまっしろい建物に出くわしました。


079_400.jpg
青森県立美術館です。



なんとなく、立ち寄ってみました。


すると。。。。

奈良美智さんの作品。
青森の方なのですね。
奈良さん作の巨大な「あおもり犬」。
地からはえたような白い犬は
雪空の下でちょっとさびしく見えました。
夏の青空の下で見たら、またちがうでしょうね。

そして、寺山修司。

独特の世界が、ユニークな展示で表現されていました。
若いころ、読みました。なかでも短歌が好きでした。
この方も青森出身。

青森出身の芸術家の方たちは、なんだか個性が際立っていますね。
棟方志功、太宰治も。。。


img206_200.jpg


そんな展示を見ながら
あるちいさな展示室に入りました。


“冬のコレクション展”


その部屋は、それまでとはうってかわって
しずか。
地味な色彩の、ちいさな作品が並んでいました。

大きな声でなにかを主張するふうでもなく
無言でひっそりとたたずむ作品たち。
見るともなく見ていました。

1点め、2点め。。。
作品タイトルも、作者の名前すら確かめることもなく。。。

数点みたところで、ふっと気づきました。
いつのまにか、作品世界にひきこまれているのです。

しずかなのは、ほかに誰も鑑賞者がいないからではないのです。
作品から、深いしずけさが放たれているのです。
無言の、透明な声がきこえてくるのです。

そう気づいたら、ますます離れがたくなりました。
長いこと見ていました。

その部屋を出るとき、はじめて作者の名前を見ました。


清宮質文。

せいみやなおぶみ。

初めて聞く名前でした。



(つづく)





スポンサーサイト
  1. 2014/03/31(月) 18:28:48|
  2. 美術館だより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

GON企画

Author:GON企画
中川貴文の作品とみなさまとの出会いを楽しみにしています!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめてご入館される方へ (1)
2014 展覧会  豊橋 (3)
2013 展示 (3)
2011  展覧会 武生 (9)
2011  展覧会 大阪 (8)
2011 展覧会 東京 (5)
2010 展覧会 京都 (6)
2008 展覧会 敦賀 (1)
中川貴文プロフィール (1)
中川貴文プロフィール 2 (4)
田島征彦さんとの出会い (3)
日本画・その他の作品展示室 (4)
日本画・その他の作品展示室 (4)
青春18景展示室 (8)
Dear World展示室 (11)
漫画作品展示室 (1)
中川貴文 カレンダー (12)
cafe ゴンのへや (2)
新聞記事 (3)
天音堂さんとの出会い (3)
美術館だより (70)
Mail (1)
GON企画のメモ帳 (21)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。