中川貴文web美術館GON

中川貴文の作品紹介や展覧会のお知らせをします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

≪Dear World≫を展示して  いま、こどもたちは。。。 その2

小出裕章さんの講演をお聞きするのは
今回が初めてでした。

大変わかりやすく、淡々と説明してくださいます。

人間のからだの奇跡
それに対して、放射線の及ぼす影響
今なお福島原発で放置されている事故の状態
放射線管理区域に相当する場所で生活している人々のこと
子どもたちへの影響
国、企業、マスコミ、そしてわたしたちの責任と今すべきこと。。。


そのなかで、GON企画の思ったこと。


以前、脱原発を主張する人たちについて
「子どものため、子どものためって言うけれど
そんなに子どもに恩着せがましい言い方をしなくても
子どもはいいメイワクなんじゃないか」
という意見を聞いたことがありました。

ずっとこの言葉が気になっていました。
きっとその方は、人がしばしば使う
「~のため」という言い方のなかにある
なんらかのゴマカシについて語っておられたのだと思います。


けれども、今回小出さんのお話を聞いて
そこのところがはっきりしました。


つまり。。。やっぱりそれは
第一に「子どものため」でなければならないのではないかと。


なぜかというと。。。

子どもは大人に比べて放射能汚染によるリスクが
ものすごく高い。
0歳、5歳、では50歳以上の人々の何十倍というリスクの高さです。

子どもたちは原発事故が引き起こされた事態に対して
なにひとつ責任がない。
その子どもたちが放射能汚染の影響を一番受けるのです。

たとえば流通によって、汚染物質はいくらでも広まっていきます。
けれども「風評被害」という言葉もあり
被災地の農水産物を敬遠すると
申し訳ないような気持ちになったりします。

小出さんも「被災地の一次産業を守りたい」とおっしゃっていました。
ただし、小出さんはこう言っておられました。

汚染の疑われる農水産物は、
原発事故を引き起こした責任があり
食べてもリスクの少ない、大人が引き受ける。

そして、原発事故に対してなんの責任もなく
放射能汚染の影響を受けるリスクの高い
子どもたちには、安全な農水産物がいき渡るようにする。
このしくみを作らなければならない、と。

これが、「子どものため」ということの、具体的なことのひとつなんだな。
GON企画は、そう思いました。


DSC04550_400.jpg
≪Dear World≫のこどもたちと、じっくり対話してくださった来場者のかた。



今の時代をどう生きたか、ということを
小出さんはしばしば言われています。

時代の流れのなかで、子どもたちの自然のなかでの
自由な遊びの場や、のびのびできる時間は失われる一方です。

その延長線上に、現在の原発事故後の
子どもたちのおかれている環境はあるとも言えるかもしれません。
GON企画はどう向き合った、と言えるだろうか。

≪Dear World≫という作品と語り合いながら
歩んでいこうと思いました。



☆ポストカードは、6枚セットがなくなりましたので
今回から、1枚100円で販売させていただくことに致しました。
ご購入いただいた金額は、5,600円となりました。

“Dear Worldのなかまたち”からの復興支援金として
たいせつにお届けさせていただきます!
ありがとうございました!








スポンサーサイト
  1. 2013/05/21(火) 09:21:20|
  2. 2013 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

≪Dear World≫ を展示して   いま、こどもたちは。。。 その1

5月18日(土) 小出裕章さんの講演会が
「今考えよう!! 未来のエネルギー  美しいふるさとを子どもたちへ」
(主催 小出裕章さんとエネルギーを考える会)と題して、
越前市文化センターで開催されました。


会場で、中川貴文の作品≪Dear World≫を
展示させていただきました。

講演会場での展示は初めての試みでしたが、
様子をご紹介させていただきますね!


会場前の広場での野外イベントに
今回の展示をお誘いくださった
ブックカフェゴドーのマスターのご縁で
「伊勢大神楽」の方たちがいらしてくださいました!

kagura 1
伊勢大神楽の舞。 白、赤、青、紺の色彩がとてもきれい!


笛と太鼓に合わせて、二頭の獅子が舞います。


kagura 2


力強いなかにも、優美な舞いです。
鈴を振り、お祓いをして清めてくださいます。


kagura 4
獅子に頭をかんでもらっているマスター

もちろん、GON企画もかんでもらいました!

さて、すがすがしい気分になったところで
会場へ。。。


DSC04563_400.jpg
階段の登り口にポスターを貼らせていただきました。

階段横の壁面に展示しているのは
マスターの詩、「山の天狗」です。
お知り合いの方の書かれた書も、とてもすてきです。


DSC04559_450.jpg
展示はこんな感じになりました!


今回の展示「ゴドー セレクション」についての
マスターの想いのこもった解説があり
右端が中川貴文の≪地面≫、そして≪Dear World≫が続きました。


DSC04577_400.jpg


いつものように、復興支援のご寄付のための
ポストカードも販売させていただきました。

お隣に展示されているのは
マスターのご友人のお二人の作家の方たちの作品です。

吊るして展示ができないくらい重量感のある
鉄や土の素材を使った現代美術の作品や
越前市の神社に何度も足を運ばれてスケッチされた
祈りのおもいのこもった作品です。


DSC04584_400.jpg
みなさん、熱心にご覧くださいました。


1階ホールでは、現在も続けられている被災地でのボランティアの様子や
福島からの声などが報告されていました。

そして、7時からいよいよ小出裕章さんの講演がはじまりました。


(つづく)






  1. 2013/05/21(火) 09:20:52|
  2. 2013 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一日だけ、≪Dear World≫ を展示します!

一日だけ、中川貴文の作品、≪Dear World≫を展示することになりました。


2013年5月18日(土) 越前市文化センターで

「今考えよう!!未来のエネルギー 美しいふるさとを子どもたちへ」

と題して、小出裕章さんの講演会が行われます。


その会場の2階ロビーに展示します。

≪Dear World≫シリーズの12点のほか、「地面」も展示予定です。



jimen600.jpg
中川貴文  ≪地面≫



今回の展示については、

2011年12月に展覧会を開かせていただいた

ブックカフェ・ゴドーのマスターが

この講演会の準備に関わられていて

ぜひ、その日の会場で≪Dear World≫を展示したい

とお声をかけてくださったことによります。


ブックカフェ・ゴドーさんでの「中川貴文展 青春18景」の記事は → こちら



でも、これまでギャラリーやホール以外で

作品展としてしか展示したことがないので

あの小さな作品たちが、大勢の方の集まる講演会場で

落ち着いて見ていただけるだろうか、と思ったことと

作品で表現したものは、作品展で見ていただいたら

いいのではないかと思ったりで、いろいろ考えました。


nyuudougumo 350
中川貴文 ≪Dear World≫シリーズより


けれども、会場内で作品展示に

ふさわしいスペースが見つかったことや

ゴドーのマスターの親しい作家の方たちの作品とともに

ひとつのまとまった展示空間をつくる、というお話しに納得して

展示させていただくことにしました。



はじめての試みで、Dear Worldのこどもたちも

ちょっとどきどきしているようですが

「美しいふるさとを子どもたちへ」というメッセージが届く

お手伝いができたら、うれしいと思います。



こどもたち、久しぶりの出番だけど

緊張しないでがんばろうね!












  1. 2013/05/16(木) 17:25:37|
  2. 2013 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

GON企画

Author:GON企画
中川貴文の作品とみなさまとの出会いを楽しみにしています!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめてご入館される方へ (1)
2014 展覧会  豊橋 (3)
2013 展示 (3)
2011  展覧会 武生 (9)
2011  展覧会 大阪 (8)
2011 展覧会 東京 (5)
2010 展覧会 京都 (6)
2008 展覧会 敦賀 (1)
中川貴文プロフィール (1)
中川貴文プロフィール 2 (4)
田島征彦さんとの出会い (3)
日本画・その他の作品展示室 (4)
日本画・その他の作品展示室 (4)
青春18景展示室 (8)
Dear World展示室 (11)
漫画作品展示室 (1)
中川貴文 カレンダー (12)
cafe ゴンのへや (2)
新聞記事 (3)
天音堂さんとの出会い (3)
美術館だより (70)
Mail (1)
GON企画のメモ帳 (21)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。